精神領域での薬剤師の専門性を向上させ精神薬学の進歩発展を図る

  • 入会案内
  • 会員ログイン

AWARDS

日本精神薬学賞

■2018年 日本精神薬学賞募集要項

1. 対 象
第2回日本精神薬学会総会・学術集会にて発表される一般演題(口頭発表およびポスター発表)
2. 資 格
筆頭発表者が日本精神薬学会会員(2018年3月31日現在40歳未満)であること。
3. 選出人数
一般の部 口頭発表、ポスター発表 各2名程度
学生の部 口頭発表、ポスター発表 各2名程度   
※選考基準に合致する演題を選出するため、実際の授与数が規定を下回る場合がある。
4. 応募方法
第2回日本精神薬学会総会・学術集会ホームページにて応募してください。   
http://k-con.co.jp/jspp2018nagoya/
5. 応募締切
第2回日本精神薬学会総会・学術集会の応募締切日[6月15日(土)]に準じます。
6. 備 考
・授賞式は、第2回日本精神薬学会総会・学術集会期間中に実施される予定。   
・受賞者は、2018年12月1日までに日本精神薬学会事務局(contact@js-pp.or.jp)まで、
 発表報告を提出することが求められます。
 発表報告は、学会ホームページおよび「日本精神薬学会誌」に掲載されます。

鍋島学術奨励賞

■2018年 鍋島学術奨励賞公募のご案内

■鍋島学術奨励賞 規定   2018 年5月7日制定

1.設 置
日本精神薬学会は、顧問である鍋島俊隆先生の篤志により若手の精神科領域で活躍する薬剤師の研究支援を目的とし、鍋島学術奨励賞を設ける。鍋島学術奨励賞の副賞は鍋島俊隆先生からの篤志を原資とする。鍋島学術奨励賞は鍋島俊隆先生の神経精神薬理学分野での学際的なご活躍とご貢献を鑑み、精神科領域において将来性のある優れた若手の薬剤師に授与する。
2.名 称
名称は鍋島学術奨励賞(日本精神薬学会 フレッシャー/ヤング学術奨励賞)とし、英文名称はNabeshima Prize(The Japanese Society of Psychiatric Pharmacy Fresher Investigator Award / Young Investigator Award)とする。
3.対 象

対象は、申請年度3月末時点で、以下1)~3)の条件を満たすものとする。

※ただし、2018年度の対象については、2018年7月31日時点において、2019年度会員更新者と第2回日本精神薬学会総会・学術集会の発表応募者も含めるとする。
受賞は年2名程度とし、①薬剤師として勤務経験が1年以上、5年以下で40歳未満の場合と②薬剤師として勤務経験が6年以上で40歳未満の場合のいずれかへの申請とする。
尚、本賞の②を受賞した者は再度応募する事は出来ない。
1)受賞候補者の年齢は申請年度の3 月末時点で40 歳未満とする。
2)推薦日時点において、受賞候補者の会員歴が3年以上である。
3)本学会総会・学術集会での発表歴(筆頭演者)が1回以上ある。

4.推 薦
鍋島学術奨励賞の推薦者は、本人以外の本学会評議員とする。推薦者は、下記の書類を授与年の3月末日(消印有効)までに「一般社団法人 日本精神薬学会事務局付 鍋島学術賞選考委員会」宛てに配達記録の残るもので提出する。
※ただし、本年度の対象については、2018年7月31日(火)とする。
1)推薦書類(様式1)   
[推薦書、研究概要、原著論文・総説のリスト、本学会総会・学術集会での発表リスト]
2)候補者の履歴書
3)代表論文:①薬剤師として勤務経験が1年以上、5年以下で40歳未満への応募の場合は1編の別刷、②薬剤師として勤務経験が6年以上で40歳未満への応募の場合は2編の別刷
5.表 彰
鍋島学術奨励賞は賞状および副賞とし、授与式は日本精神薬学会総会・学術集会期間中に鍋島俊隆先生あるいは理事長等より表彰する。受賞者はその成果をまとめ、受賞年度の総会・学術集会において受賞講演を行う他、一般社団法人日本精神薬学誌に総説等を受賞記念論文として発表するものとする。
※ただし、2018年度の対象については、2019年度の第3回日本精神薬学会総会・学術集会にて発表するものとする。
6.選 考
1)鍋島学術奨励賞の選考は、鍋島学術奨励賞選考委員会にて行う。
2)本学会総会・学術集会での発表や学会誌への掲載も選考基準となる。
3)学会事務局は、推薦書類を事前に選考委員に送付する。
4)適任者がいない場合は選出しない場合がある。
5)鍋島学術奨励賞選考委員会は受賞者を決定し、委員長は該当者なしの場合を含めて理事長に報告する。委員長は本学会総会・学術集会の際に開催される理事会に選考経緯および結果を、また評議員会に選考結果を報告する。
付 則
本規定を変更する場合には、理事会の承認を得なければならない。
以 上
【推薦書類】
  • 薬剤師の方へ